Site Loader

走行距離から車の状態を判断する

失敗しない中古車選びのポイントで基本として挙げられるのが走行距離です。消耗品である車は利用に伴って使用されているパーツが劣化してしまうのは避けられません。そのため、走行距離が少なければそれだけエンジンを始めとした各パーツの劣化が少ないため、一般的に年式に対して走行距離が少ない車は狙い目と言われています。しかし、中には購入後しばらくは乗っていたけれど、途中で必要が無くなったことで何年も車庫に駐車したままだったから少ないというケースも珍しくありません。車のパーツは長年の放置でも錆などで不具合を起こすことも多く、こうした車を買ってしまうと購入後に自分でメンテナンスする費用が掛かってしまいます。年式に対してあまりにも走行距離が少な過ぎると感じた場合は事前に確認をしなくてはいけません。

装備品の必要性について考慮する

走行距離を含めた車の状態に問題が無いと判断できたら次にチェックするのが装備品です。カーナビを始め車のオプションは様々な種類が販売されていて、それぞれに用途が異なります。どういった商品も上手に使いこなすことでカーライフをより便利にしてくれますが、必ずしも全ての装備品が必要というわけではありません。走行時に車内で音楽を聴かない人にとってオーディオ関係のオプションはあまり意味がなく、携帯電話のアプリや紙の地図でルート検索をするのであればカーナビは不要です。新車と同様に中古車もオプション品が値段に影響してくるので、搭載されてい装備品の必要性について考慮することも車選びにおけるポイントの一つと言えます。

グレードによる特徴や値段の違いを把握する

車の中には同じ車種の中で複数のグレードが用意されていることもあります。一見するとどれも同じような印象を受けますが、エンジンや排気量、シートなどの内装に使われる素材はもちろん、販売される価格も変わるのが特徴です。特にエンジンの性能は通常よりも速いスピードで走行する高速や坂道といった特定のシチュエーションで大きく差が出ます。通勤や買い物など日常の足としての利用であれば特に意識する必要はありませんが、走りを楽しむことを目的に購入する人はこの点もしっかりと見極めなくてはいけません。

複数のお店から比較検討をする

中古車の販売価格はそれぞれのお店が独自に決められるようになっているため、年式や走行距離が同じ車でも値段は変わってきます。中古車を購入する時は一つのお店だけで判断をせずに、インターネットなどを活用して複数のお店をリストアップして比較検討をすることが大切です。

新車や中古車のボルボを仙台で購入する場合、メーカーの正規ディーラーで検討することができ、店舗限定でシーズンに合わせたイベントも行われています。